マタニティー 妊娠中期 妊娠初期

【出産の病院探し】あなたはどこで産む?3人産んで気付いた産院選びのポイント

はい、みなさんこんにちは^^子供のしつこさで簡単にエネルギーが切れ…なちいです😢w

分かってくれる人どれくらいいるかなぁ?1度面白かったり楽しかったりするとエンドレスやってやって~攻撃から始まり、

何してるの~?ってみんなが寄ってきて我が家は3人分で×3(笑)付き合いきれない~😢w

いとも簡単に1日分の体力が吸い取られます(笑)

それじゃ今日は産院選びのポイントについて話していこうと思います!

出産経験が初めての場合特に何も考えず、1番近い場所で済まそうとする人も少なくないよね。それも悪いことじゃないし間違ってる!と否定するわけでもないんだけど…

私は3回出産して3回とも病院がバラバラ…いろんな病院を見て通い入院してきたからこそ気付いた産院選びに重要なポイントをいくつかご紹介していくよ♬

産院を決めるポイント

産院を決めるポイントで重視しなきゃいけないのはやっぱり今の生活や移住地の環境。例えば旦那さんは残業が多めか、産後に両親など手伝ってくれる人が近場にいるか、駅やバス停から近いのか、などなど。

内容によっては出産する病院も今一度吟味したほうがいいこともあるよ。産むときだけじゃなく産んだ後も1カ月検診に行ったりするし、母乳外来でお世話になるかもしれない。もし病気にかかったら産んで日が浅い時は産院へ行くほうが安心だよね。

総合的に考えて1番利点の多い病院を選ぶことを念頭に入れて選んでみてね!

里帰りする?しない?

まず第一に考えることは里帰りをするかどうか。地元を離れてない人や、実家から1時間程度の距離に住んでいる人はここを深く考える必要はないから次へ進んでね♬

里帰りのメリット

里帰りをするメリットと言えば、産後に子育ての先輩であるお母さんにアドバイスや手伝いをしてもらいながらゆっくり体を休ませることができること。これは何にも勝てないくらいの利点。

家だとパパは仕事に行っちゃうから1人で赤ちゃんと2人で過ごすことになるし、家事もなんだかんだ溜まっていくのが目に見えるからつい休んでる場合じゃないって気持ちになっちゃうんだよね。

産後体は交通事故にあった時くらいダメージが残っているから、赤ちゃんとゆっくりしておかないとのちのち不調が出てくることも(T_T)

それに新生児のうちは授乳回数が頻繁で夜もなかなか熟睡ができないの!気持ちに余裕もできるから甘えられるのであれば候補として里帰りを考えてみてね。

里帰りのデメリット

パパが父親としての自覚を持つのに時間がかかりやすい。ママの場合自分のお腹にいて、必死に産んで、産まれてから片時も離れることってないからもう十分立派なお母さんになってると思うんだけど…

パパってお腹を大きくすることも、出産することもないから、里帰りして赤ちゃんともスキンシップとれない日が続くとママと比べて気持ちのギャップが生まれやすいのが事実。

他にも手伝ってくれてる親のアドバイスに対してイライラしちゃったり、産後ゆっくりすることで体力が落ちて家に戻った時大変にだったり、赤ちゃんと2人の新生活に孤独感を感じた人も少なくないみたい。

病院の種類はどうする?

一言に産院と言っても種類がいくつかあるのは知ってた?出産ができる場所は大きく分けて3種類もあるよ!第1次医療施設、第2次医療施設、第3次医療施設と分けるんだけど詳しく紹介していくね♬

それぞれ特徴があるから自分はどんなバースプランを考えているかも考慮して選んでいこう!ただ紹介する産院が近所や里帰り先にあるとは限らないから注意してね(`・ω・´)b

助産院や診療所

地域の助産師さんが運営する助産院や産婦人科診療所のこと。これは地方のほうが多い印象で、都会のほうには少なくなってきてるよ。働いてるお医者さんや助産師さんも人数は多くないし長く同じ場所で働いてる人が多いから、その地域で顔が効くし評判などもいろんな人に聞けるから安心感が持てる。

ただ医療設備はあまり整ってないことが多いから、ママも赤ちゃんも健康でリスクが起きた時に対応可能レベルの出産ができることが条件になるよ。

総合病院や産婦人科の専門病院

公立や民間の総合病院や産婦人科専門の個人病院なんかもこの分類に入るよ。ここの場合ある程度のお医者さんや助産師さんがいて、設備も整ってきてる。緊急時は24時間体制で受け入れや対応もしてくれるから安心だよね。

もし赤ちゃんに何かあったときや緊急で高度な処置が必要になった時は次に紹介の提携する、または1番近い病院へ搬送されることになるよ。

私は総合病院2か所と個人病院で出産した(^^♪

総合周産期母子医療センターや地域周産期母子医療センター

大きな病院で母子センターと聞いたことはあったけど、正式名称は調べだして初めて聞いたの。周産期ってちょっと聞きなれないよね。

周産期とは…

出産前後のことを表す言葉で、妊娠22週から生後7日未満までの期間のことを言う。

ここではハイリスク出産を扱ったり分娩字の異常、赤ちゃんが仮死で生まれた場合や産後の検査で重大な病気が見つかった場合など、総合病院や専門病院では対応っできなかった場合にいく病院。

もちろんここも24時間体制で、母体胎児集中治療室(MFICU)や新生児集中治療室(NICU)などいろんなトラブルに対応できる施設があるよ。

ピックアップして整理しよう

自分の希望を書き出す

例えば車がない人の場合一般交通機関を使って何分くらいまでの距離がいいか、女医さんがいるところがいいのか、無痛出産をしたいのか、立ち合いは希望か、母乳育児に積極的なところを希望してるのか、母子分離がいいのか同室がいいのか、バースプランを積極的にしたいのか…

思いついただけでも結構たくさんあったけど、全部とは言わずなくてもいくつかこれはやりたい!とかこういう産院で産みたい!とかあったと思うんだよね。

それを忘れないうちにメモしておくとこれからの産院探しの道しるべになっていくよ!!

インターネットで産院を検索

まずは近所の出産を扱う病院をリサーチ。近くにいくつかあればまずは口コミを見てみたり、出産経験のある人に聞いてみるの実際の話が聞けて、自分では気づかなかったところが知れていいよ。

近くに比較するほどない初産さんは少し距離を広げて探してみよう!距離は週数を重ねると隔週や週1通わないといけないし、車で1時間以内に行ける距離間じゃないとお腹が大きくなってきたら負担に感じるかも。

経産婦さんは陣痛から生まれるまでが早い傾向にあるからあまり遠いとリスクになる可能性が…なるべくなら車でも30~40分程度で行ける距離がいいかなって思うよ!

もし少し遠いと感じても信頼できるところだったり、バースプランの自由性があったり、無痛出産可能だったり、あなたの希望が叶う産院があったらそこは有力候補に入れてOK!

里帰りするか近所の病院にするかまだ悩んでる場合はどちらも見比べてみるのがオススメ。もしかしたらどちらかに希望を叶えてくれる産院があるかもしれないよ♬

比較してみる

いくつか気になる産院がピックアップできたら比較をしていくよ!

まずは比較したい情報と、あなたの希望だったりを縦にどんどん書き込んでいってみて。

それから産院名を横並べて線を引くよ。

線が引き終わったら調べた結果を縦列、横列を確認しながら書いていってね。

それができたら比較して好条件だったところに赤丸をしていこう!

あなたの希望が最大限叶う産院が見つかって来るハズ!!

隣の私が架空で書いてみたものを参考にしてみてね♪

分娩予約はお早めに

産院の候補が決まったら産院へ予約をしていくよ!

最近は医師不足や産院自体が減少方向だから、ある1か所の産院に集中して人気のあるところやそもそも産科のベッド数が少ないところは後回しにすると予約がいっぱい!!なんて断られることも(;O;)

事実私は1度断られた経験があります(笑)

産院側としても医師や助産師さんの数、ベッドの数など対応しきれない数の受け入れをするわけにはいかないから、前もって調節するために早いうちから予約を受け付けているの。

だから妊娠がわかったらなるべく早めにどこの病院で産むか、考えていく必要があるよ。

里帰りの場合はさらに早めに決断して探していかないと、いざ里帰りを決めたのに空いているところがない!!なんて可能性もあるから要注意。

早めのリサーチを済ませて分娩予約が可能かどうか電話して確認をとろうね。

予約金が必要なところもある

産院への予約をするときに5~20万円(私が聞いたことがあるのは高くて20万円まで)必要になることがあります。

予約金は出産後、退院する時に支払い額から引かれて多ければ返還されるし、足りない場合でも予約金なしの時より1度に支払う額が減るから負担も減るよ。

これは先に予約を済ませて、妊娠中期までのうちに支払う形の産院が多いように思います。もしくは何度かに分けて、妊娠中期と後期にいくらずつと決めているところもあります。

予約金の金額や支払いの時期については産院それぞれ本当にバラバラだから、希望する産院の場合を確認してみてね。

ちなみに予約金不要の産院もあるよ!その場合は退院時に全額支払うことになるから、おおよその分娩費用+α(緊急時など普通分娩ではなくなった場合に分娩費用がかさむ場合があるため)を用意しておく必要があります。


どうでしたか?妊娠して喜びと楽しみがたくさん増えるけど、やらなきゃいけないことや考えることがその分さらに増えて心は忙しくなるばかり(笑)

産院選びは産後の数日間生まれたばかりの赤ちゃんと過ごす初めての大切な場所。

心も体も慣れてなくて追いつかないとは思うけどひとつひとつ潰していって後でやっぱりあっちの産院にしておけばよかった~なんて後悔をしなくて済むようにしてね(*´▽`*)

それじゃきょうはここまで!参考になっていれば嬉しい♡

それではまたの機会にお会いしましょー!バイバイ♬

-マタニティー, 妊娠中期, 妊娠初期

Copyright© 女性のミカタ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.